乳酸菌の種類と効果

こんなにある!体に良い乳酸菌の種類

ひとくちに「乳酸菌」といっても、その種類は実に膨大です。私達が普段口にしているヨーグルトひとつとっても、商品によってそれぞれ違う乳酸菌が含まれており、効果も違ってくるのです。

本サイトでは、乳酸菌の種類や、種類の違いによる効果をわかりやすくまとめてみました。乳酸菌サプリ選びのご参考にしてください。

乳酸菌の種類による効果の違い

乳酸菌は、現在わかっているものだけでも数千という種類が存在するといわれています。乳酸菌は、その形や性質によって属・種・株といった分類がなされ、それぞれが細かく枝分かれして繁殖しているのです。

そのため、種類によって乳酸菌がもたらす効果も違ってきます。たとえば、ビフィズス菌は腸内環境の改善に、ラブレ菌はがんや感染症の予防、L-92乳酸菌はアレルギーの緩和にといったように、それぞれの乳酸菌で得られる効果も変わってくるのです。

乳酸菌を効果的に摂取するために

そこで、大切になってくるのが、市販のヨーグルトや乳酸菌サプリを選ぶ際に、乳酸菌の種類を確かめること。自分が期待する効果に合った乳酸菌をきちんと選ぶことで、より高い効果が期待できるでしょう。

サプリメントの場合は特に、いろいろな種類の乳酸菌が含まれていますから、自分がどんな効果を期待するかを考えて選ぶことが必要になってくるのです。